最新情報一覧


継続教育10月号 『医師の倫理とプロフェッショナリズム』発売のお知らせ
科目:MR総論(倫理)
『医師の倫理とプロフェッショナリズム』
職業倫理とは、その専門職として仕事をする上で、社会や顧客との信頼関係を構築するための考え方や行動を示したものです。MRにおいても、職業倫理として「MRの倫理」があり、職業倫理を身につけておくことが業務上の基本となります。
今回は、MRの業務上の相手となる医師の考え方や行動規範について、「プロフェッショナリズム」と「医師の倫理」を学びましょう。そして、医師の倫理を学んだ上で、MRとしてのプロフェッショナリズムについても考えていきましょう。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:9月15日

お申込みはこちら

  NEW   2021年9月15日
第61回YTL全国公開模擬試験 会場受験中止のお知らせ
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者増加に伴い、10月2日実施予定の第61回YTL全国公開模擬試験の会場受験は中止致します。
    
弊校としましても参加を予定いただいておりました企業様のご期待に添えず、大変残念ではございますが、また、11月はYTL全国公開模擬試験で会場受験ができる方向で予定をしておりますので、是非、ご参加いただけますと幸いです。

なお、社内受験に関しましては、お申し込みを受付中です。

≪第61回YTL全国公開模擬試験≫
  • 社内受験:お申込み受付中
  • 会場受験:中止
  NEW   2021年9月8日
「ズルい!合格法 医薬品登録販売者試験対策 問題集」訂正表のお知らせ
  NEW   2021年9月8日
「MRテキスト2018」追補(6月発表)に伴う「完全攻略2021 リード表」の追補対応表のお知らせ
  NEW   2021年9月6日
「MRテキスト2018」追補統合版(6月発表)に伴う「完全攻略2021 要点集」の追補対応表のお知らせ
  NEW   2021年9月3日
第60回YTL全国公開模擬試験 会場受験中止のお知らせ
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者増加に伴い、9月4日実施予定の第60回YTL全国公開模擬試験の会場受験は中止致します。
    
弊校としましても参加を予定いただいておりました企業様のご期待に添えず、大変残念ではございますが、また、10月・11月のYTL全国公開模擬試験で会場受験ができる方向で予定をしておりますので、是非、ご参加いただけますと幸いです。

なお、社内受験に関しましては、お申し込みを受付中です。

≪第60回YTL全国公開模擬試験≫
  • 社内受験:お申込み受付中
  • 会場受験:中止
2021年8月24日
継続教育9月号 『医療業界のオンライン・デジタル化の進展』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度)
『医療業界のオンライン・デジタル化の進展』
政府は6月18日の臨時閣議で、「規制改革実施計画」を決定しました。医療分野では、薬剤師の判断で初回からオンライン服薬指導を実施することを可能としました。また、データヘルス改革で取り組む電子処方箋システムの運用開始を視野に、「薬剤の配送における品質保持等に係る考え方を明らかにし、一気通貫のオンライン医療の実現に向けて取り組む」との考えを明記しました。電子処方箋システムは2022年夏を目途に準備されており、薬局薬剤師による患者へのオンライン服薬指導と調剤された医薬品の自宅配送の同時サービスが可能となります。
今回は、政府の掲げる医療分野のオンライン化やデジタル化の方針を先読みし、医療プラットフォームの実現可能性や製薬ビジネスへの影響などを学んでいきましょう。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:8月16日

お申込みはこちら

2021年8月16日
お盆期間についてのお知らせ
8月12日~16日の期間中は、発送やお問い合わせの対応が遅れる場合がございます。
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

2021年8月10日
「MRテキスト2018」追補(6月発表)に伴う「完全攻略2021 問題集」の追補対応表のお知らせ
2021年8月2日
継続教育8月号 『病院等における医療安全の取り組み』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『病院等における医療安全の取り組み』
医療とは、「心身の健康に関する不具合をもち、常に変化する複雑かつ多様な状態の個別の患者に対する侵襲行為であり、かつ、複数の医療者による、同時並行あるいは異時的に協働・連携して行う業務である」と定義されています。
多くの医療者が関わる行為であり、危険性や不確実性を含んでいるため、病院等(病院・診療所・助産所)では医療事故を未然に防ぐため、厳しい医療安全の取り組みが必要となり、日々、安全で質の高い医療を提供するための活動を続けています。
今回は実際に病院等でどのような取り組みがされているかを学びましょう。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:7月15日

お申込みはこちら

2021年7月15日
各コンテンツのMRテキスト追補・正誤表対応について
2021年7月2日
継続教育7月号 『ナラティブ・アプローチ~患者中心医療の実現に向けて~』発売のお知らせ
科目:MR総論(倫理)
『ナラティブ・アプローチ~患者中心医療の実現に向けて~』
人生100年時代を迎えて、政府は健康で70歳まで働ける社会の実現に取り組んでいます。製薬企業もまた、革新的新薬の創出を通じ、これまで治療の難しかった、難治がんや中枢神経系の疾患の治療を大きく変化させました。加えて人工知能(AI)などの次世代テクノロジーの発展は、人々が健康で生きがいを持ち、働ける社会の創造に一役買っています。  
こうした時代の変化を捉えて、患者中心の医療を実現するためのナラティブ・アプローチについて学びましょう。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:6月15日

お申込みはこちら

2021年6月15日
「3ヶ月で合格プラン」無料公開のお知らせ
2021年5月28日
継続教育6月号 『新型コロナウイルス感染症の医療への影響』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『新型コロナウイルス感染症の医療への影響』
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年3月13日に新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案が可決・成立し、同改正案に基づいた初の緊急事態宣言が同年4月7日に発出されてから1年以上が経過しました。新型コロナウイルス感染症が医療機関の経営にどのような影響を及ぼしているのか。また、国としての追加支援策等を通じ、医療機関・医療従事者のおかれている現状を学びます。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:5月17日

お申込みはこちら

2021年5月15日
継続教育5月号 『安全管理と育薬』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『安全管理と育薬』
「安全管理教育」とは、MR活動を行うにあたり、適正使用の推進並びに医薬品の安全性監視活動とリスク最小化活動を正しく実践できるようになるための教育研修をいうと、MR認定要綱細則に記載されています。MRには、医薬品のベネフィットの最大化、リスクの最小化を図るため、医薬品情報の提供・収集・伝達を通して、薬害を未然に防ぐ役が求められています。学習目標を『市販後の医薬品安全管理におけるMR活動を再確認する。』とし、MR自身の行動意義を振り返る機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:22万(税込)
  発売日:4月15日

お申込みはこちら

2021年4月15日
教育訓練給付制度のご利用について
2021年4月1日
「ズル問」発売のお知らせ
2021年4月1日
ズル本・ズル問が、薬事日報に掲載されました。
2021年3月31日
MR総論1章の追補対応について
2021年3月30日
「MRテキスト2018」追補(3月発表)に伴うリード表の追補対応表のお知らせ
2021年3月26日
【2021年度 オープン型Web薬剤師新人研修】Zoomへのご案内
2021年3月29日
継続教育4月号 『スティグマ ~医療における差別や偏見~』発売のお知らせ
科目:MR総論(倫理)
『スティグマ ~医療における差別や偏見~』
医薬品の適正使用に必要な情報提供活動をMRが行う上で、必要とされる資質の一つに「倫理観」があり、「倫理観」を有して活動することで、医療従事者間での共通の知識・認識の獲得、さらには信頼性を高めることができると考えられます。
今回は、昨今の学会の取り組みやCOVID-19の事例を通じ、当教材の学習目標である『「スティグマ」について理解し説明できる』よう、作成を行いました。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:3月15日

お申込み・お問い合わせは、ytlinfo@ytl.jpまたは営業担当までお問い合わせください。
2021年3月17日
「ズル本」発売のお知らせ
2021年3月1日
「ズルeラーニング」発売のお知らせ
2021年3月1日
継続教育3月号 『社会保障の推進~医療への影響~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『社会保障の推進~医療への影響~』
医療に関し、薬剤費の高さを懸念した報道を散見します。なぜそのような報道になっているか、社会保障の大局から医療を見ることで、製薬会社の置かれている環境を再度学びます。そして、製薬業界に身を置くMR が今後変遷していく業界の中で役割がどのようになっていくのかを考える機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:2月15日

お申込みはこちら
2021年2月15日
「MR認定試験 完全攻略2021 問題集」発売日変更のお知らせ
2021年4月12日発売予定の「MR認定試験  完全攻略2021  問題集」につきまして、第27回MR認定試験の実施期間の延期と一部内容改定のため、下記の日程に発売日を延期させていただきます。
この度はご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

【発売予定日】
変更前:2021年4月12日
変更後:2021年4月26日

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
2021年1月22日
継続教育2月号 『データヘルス改革の幕開け~MR活動のタッチポイントが変わる~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『データヘルス改革の幕開け~MR活動のタッチポイントが変わる~』
政府は2020年度からレセプト情報・特定健診等情報や介護保険総合データベースの連結解析を本格化させ、地域医療においては、患者一人ひとりに対する治療の最適化やQOLの向上、さらに治療満足度や治療アウトカムの向上などに寄与するものと期待されます。
ダーウィンは『最も強い者が生き残るのではなく… 唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』といってます。MRはその活動をどう変化させるべきかを考える機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:1月15日

お申込みはこちら

2021年1月14日
【第1回 YTLオンコロジーセミナー】講演会でいただいたご質問の回答のご案内
2021年1月12日
継続教育1月号 『病院の再編・統合~地域医療構想のいま~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『病院の再編・統合~地域医療構想のいま~』
厚生労働省より、公立・公的病院に対する再編・統合に関する議論への提起が行われています。なぜこのような議論が起きているのか、背景となる地域医療構想を再度学び、今後の患者の流れがどのように変わろうとしているのか、そしてMR 活動のベクトルをどこに向けるべきか再考する機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:12月15日

お申込みはこちら

2020年12月14日
セミナー終了しました【第1回 YTLオンコロジーセミナー】お申込みおよびZoomへのご案内
2020年12月8日
【第1回 YTLオンコロジーセミナー】当日のZoomへのご案内
  NEW   2020年12月1日
継続教育12月号 『求められるMR』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『求められるMR』
医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインの施行から1年余りが経過しました。製薬企業・MR 活動に大きな影響を与えていますが、その中でも変わらないこと、変化してきていることがあります。販売情報提供活動監視事業の内容・報告書を取り上げ、医療関係者が求める令和の時代のMRについて、知識・スキル・倫理観の面から考える機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行)/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:11月16日

お申込みはこちら

2020年11月16日
【追記事項あり】第1回YTLオンコロジーセミナーのご案内
2020年11月2日
【登販】ズルく3日間で攻略!頻出問題解説講習会 発売のお知らせ
2020年10月23日
「第59回YTL全国公開模擬試験 IBT試験」のご案内
弊校では、テレワークが推奨されております昨今の情勢を鑑み、11月実施の第59回YTL全国公開模擬試験において、従来のマークシート形式の試験に加え、オンライン上にて実施頂けます 『IBT試験※1』形式を新たな選択肢として実施いたします。
既にお申し込みを頂いております企業様におかれましては、受験形式の変更のご要望等ございましたら、営業担当またはytlinfo@ytl.jpまでご連絡頂ければ幸いです。

※1
IBTとはInternet Based Testingの略で、インターネット経由で行う試験のことを指します。インターネット配信のため、場所、時間に縛られずいつどこでも受験可能なシステムです。

【会場受験】
11月7日(土)中止となりました。

【社内受験】
11月9日(月)より受験可能

【IBT受験】
11月10日(火)より受験可能

※お申込みは受験日の7営業日前までにお知らせください。
※IBT試験の申込〆切は11月26日(木)になります。
※既に社内試験でお申込みいただいている企業様はIBT試験に変更可能です。
※IBTマニュアルはこちら

ご不明点などございましたら、貴社営業担当もしくはytlinfo@ytl.jpまでお問合せください。
2020年10月19日
継続教育11月号 『医療安全の仕組み~医療事故調査制度、医療事故情報収集事業(ヒヤリ・ハット)~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『医療安全の仕組み~医療事故調査制度、医療事故情報収集事業(ヒヤリ・ハット)~』
群馬大学腹腔鏡事件等を契機として、2015年、予期せぬ死亡事故について、医療の安全を確保・医療事故の再発防止を目的とした、医療事故調査制度が、医療法に基づき施行されました。また、日本医療機能評価機構においても、ヒヤリ・ハット事例の収集等、医療事故情報収集事業が行われています。MRとして、医薬品情報の提供・収集・伝達を通して、医療の安全にどのように貢献できるか、考える機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:10月15日

お申込みはこちら

2020年10月14日
第59回YTL全国公開模擬試験 会場受験中止のお知らせ
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者増加に伴い、11月7日実施予定の第59回YTL全国公開模擬試験の会場受験は中止致します。
    
なお、社内受験に関しましては、お申し込みを受付中ですので、是非、ご参加いただけますと幸いです。

≪第59回YTL全国公開模擬試験≫
  • 社内受験:お申込み受付中
  • 会場受験:中止
2020年10月12日
【登販】完全攻略WEB 使用期限延長のお知らせ
2020年度最後の登録販売者試験が行われる奈良県の受験日に合わせ、完全攻略WEBのご使用終了日を『2020年12月21日』から『2021年1月10日』と変更し、ご使用期間を延長致します。

使用期限延長
延長前:2020年12月21日
延長後:2021年1月10日
2020年10月12日
【登販】登録販売者 自己採点サイトのお知らせ
2020年10月1日
【登販】都道府県別! 登録販売者試験 出題予想講習会(オンデマンド講座)発売のお知らせ
2020年9月25日
継続教育10月号 『医薬品流通の改善』・『減薬すると言われたら…MRの正しい行動は?』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『医薬品流通の改善 ~今、流通の現場で何が起こっているのか~』
2015年、流改懇では、3つの指摘事項、「一次売差マイナスの解消」、「納入価格の早期妥結」、「単品単価の推進」が緊急提言されました。
その後、その改善を加速させるために、2018年4月より流通改善ガイドラインが施行された。現在流通の現場で何が起こっているのか、どのような課題があるのか、医療用医薬品の流通に関わるMRとして、MSと同じ土俵に立つために必要な知識を修得する機会とします。

サンプル動画はこちら

科目:MR総論(倫理)
『減薬すると言われたら…MRの正しい行動は?~ポリファーマシー:高齢者に対する薬物療法の適正化~』
医療費の適正化が叫ばれる中、ポリファーマシーなどへの医師や薬剤師等の問題意識も大きくなっています。MRは患者さま視点での医療への貢献を考えないといけない反面、薬剤の適正使用・普及を任されている立場にあります。医師・薬剤師等に自社製品や併用薬を減薬すると言われたら、MRとしてどのような受け答えをするべきだろうか。MRとしての対応を考えます。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:9月15日

お申込みはこちら

2020年9月15日
継続教育9月号 『薬の供給と市場の危機~薬価制度の在り方~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『薬の供給と市場の危機~薬価制度の在り方~』
毎年薬価改定や後発品薬価の見直しもあり、抗菌薬を始め、原価割れの薬価を設定されている薬剤も散見され出しました。このような事象により、供給にまで問題が発展していっています。なぜこのような現象が起きているのかを薬価制度のそもそもを見直しながら、再考する機会とします。また、医療従事者が当事象によりどのような不安を覚えているか、そしてMRとして取り組めることがあるかを考えます。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:8月14日

お申込みはこちら

2020年8月14日
継続教育8月号 『フォーミュラリ~誰のため、何のため~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『フォーミュラリ~誰のため、何のため~』
フォーミュラリと聞くと、表向き、経済性、後発医薬品使用による薬剤費削減の問題ととらえられがちです。しかしながら、フォーミュラリ作成にあたっては、経済性に加えて、有効性、安全性、製剤原料の原産国や安定供給の問題、また、医療者・患者等地域のステークホルダーの求める情報が重要となります。今一度フォーミュラリは、誰のために・何のために行われるかを再考し、MRとして提供すべき情報を考える機会とします。

サンプル動画はこちら

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:7月15日

お申込みはこちら

2020年7月14日
継続教育7月号 『2020年度診療報酬改定~医科報酬と調剤報酬の共通項目~』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『2020年度診療報酬改定~医科報酬と調剤報酬の共通項目~』
令和2年度診療報酬改定のうち、『効率化・適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上』にフォーカスを当てて学びます。後発医薬品の使用促進や費用対効果・市場実態からの薬剤への評価、さらに重症化予防や医師と薬剤師の連携評価など、医師・薬剤師協働の取組みが評価されだしています。当教材では医科と調剤の連携、協働の視点から項目を整理し、これらの項目とMR 活動の関わりについて学ぶ機会とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:6月15日

お申込みはこちら

2020年6月15日
継続教育6月号 『2020年度診療報酬改定~医療機能の分化・強化と地域包括ケアの推進~』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『2020年度診療報酬改定~医療機能の分化・強化と地域包括ケアの推進~』
令和2年度診療報酬改定のうち、『医療機能分化・強化、地域包括ケアシステムの推進』にフォーカスを当てて学びます。急性期から慢性期・在宅医療など、状態に適合した切れ目のない医療提供の体制確保は、継続して重要視されています。当教材では過去からの流れを再確認し、MRの活動のベクトルを再考する機会とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:5月15日

お申込みはこちら

2020年5月15日
継続教育5月号 『2020年度診療報酬改定~質の高い医療の実現に向けて~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『2020年度診療報酬改定~質の高い医療の実現に向けて~』
令和2 年度診療報酬改定のうち、『患者・国民にとって身近であるとともに、安心・安全で質の高い医療を実現』にフォーカスを当てて学びます。
かかりつけ機能の評価、アウトカム評価の推進、重症化予防への取り組み、薬局の対人業務評価など、重点的に対応が必要な分野などの項目の理解を促進します。当教材を通じ、掲げた内容がMR 活動に求める変化を読み解きます。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:4月15日

お申込みはこちら

2020年4月17日
継続教育4月号 『2020年度 診療報酬改定~医師の働き方改革について~』・『患者会はなにをするところ?』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
  『2020年度 診療報酬改定~医師の働き方改革について~』
令和2年度診療報酬改定では、『医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進』が重点課題とされてます。2024年度から医師の時間外労働時間の上限規制が適用されることになる中、医療提供体制の改革が望まれております。これらの環境変化が現場に与える影響・効果について、MR活動と連動して考える機会とします。
サンプル動画はこちら


科目:MRの倫理
  『患者会はなにをするところ?』
患者会という名前に関しては、日常のMR 活動においても見かけることはありますが、具体的にどのような活動を行っているか等は知らない事が多いのではないでしょうか?当学習では、がん領域での患者会の実際にフォーカスをあて、患者がなぜ患者会に参加しているのか、何を行っているのかを知り、MRとして患者に貢献しうる活動について再考する機会とします。
サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:3月16日

お申込みはこちら

継続教育2月号 『医薬品医療機器等法の改正~MR活動への影響~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『医薬品医療機器等法の改正~MR活動への影響~』
物質としての医薬品等の規制に主眼を置いた薬事法は、1960年に制定されました。
何度かの改正後、2013年に大規模な改正が行われ、法律名が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器法)」となり、2014年に施行されました。
現行法の附則では施行後5年をめどに見直しを行うと規定されており、2019年が丸5年にあたります。
改正のポイントである、○革新的な医薬品・医療機器等への迅速なアクセス確保、安全対策の充実、○医薬品・医療機器等の適切な製造・流通・販売を確保する仕組みの充実、○薬局・薬剤師のあり方、医薬品の安全な入手等について取り上げ、MR活動に及ぼす影響について理解を深める機会とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:1月15日

お申込みはこちら
2020年1月6日
継続教育1月号 『医薬品安全性情報の入手先~医療従事者・MRの現状~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『医薬品安全性情報の入手先~医療従事者・MRの現状~』
医薬品安全性情報は、厚生労働省・PMDA・製薬企業等から医療機関に提供され、提供された最新の情報が、臨床現場へ適切に伝達され、活用されることが求められます。
PMDAでは、平成22年度から、「医療機関・薬局における安全性情報の入手・伝達・活用状況について」の調査を行っております。
今回は、最新の調査結果を紹介する中で、「医薬品安全性情報を入手する際、情報を得る目的のために最もよく利用している情報源はどれですか」の問いを取り上げ、PMDAメディナビ、DSU、MR等の役割について確認するとともに、MRとして、医薬品等の安全使用の推進に役立てていただく上での、安全性情報の最適な提供方法等を考えるきっかけとします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:12月13日

お申込みはこちら
2019年12月4日
継続教育12月号 『リアルワールドデータの利活用~医療×情報の今を知る~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『リアルワールドデータの利活用 ~医療×情報の今を知る~』
未来投資戦略2018では、効率的な臨床開発のための環境整備を進める「クリニカル・イノベーション・ネットワーク(CIN)」と「医薬品等の評価と安全対策を高度化するための医療情報データベース(MID-NET)」を連携させ、開発から安全対策までの一連の過程で、より大規模なリアルワールドデータの活用を推進することをうたっています。
このことを受けて、医療情報データベースを活用した調査を再審査等の申請資料とする際の信頼性を確保するため、GPSP省令が改正され、2018年4月より施行されました。
今回は、リアルワールドデータとして、政府主幹の大規模医療情報データベース(NDBオープンデータ、MID-NET)に加え、民間医療データ(健保データ、院外調剤レセプトデータ、DPC病院データ)についてその長所・短所について整理し、企業において、開発から安全対策までの一連の過程で、大規模なリアルワールドデータをどのように活用するか、その方向性を学ぶ機会とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:11月15日

お申込みはこちら
2019年11月14日
継続教育11月号 『地域包括ケアシステムでの患者の流れ~MR活動のベクトル~』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『地域包括ケアシステムでの患者の流れ~MR活動のベクトル~』
2018年の診療報酬・介護報酬同時改定を受け、患者の流れが大きく変わりました。
一般急性期病院からの患者受け入れ先である施設・在宅での医薬品市場が増大する中、患者の受け皿となっている慢性期病院~介護施設~在宅にフォーカスをあて、患者の流れを知り、MRが活動のベクトルをどこに向けるべきかを考えます。
また、チーム医療のキーパーソン(医師・薬剤師・看護師・ケアマネージャー・栄養士等)へのMR活動を再考する機会ともなります。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:10月15日

お申込みはこちら
継続教育10月号 『販売情報提供活動ガイドラインを踏まえたMR活動』・『臨床倫理の4分割法に学ぶ』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
  『販売情報提供活動ガイドラインを踏まえたMR活動』
「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインについて」が2019年4月から適用されてから、MR活動がどう変化したのか、また今後どう変化するのかについて、ガイドラインが作成された背景・内容について再度理解を深め、医療関係者からの信頼を獲得する上で、ガイドラインを遵守したMR活動とは何かを考える機会とします。

サンプル動画はこちら


科目:MRの倫理
  『臨床倫理の4分割法に学ぶ』
がん治療を巡って、患者さん本人、ご家族、医師、看護師等の意見が対立し、なんとなくもやもやすることはしばしば見られます。
がんに限らず、日常臨床において、医療従事者は、治療方法に苦心する患者さんに遭遇することがあり、もやもや感が残ることがあります。
このような時に、医療従事者が集まり一緒にもやもやを解決していくためのツールの一つが、
ジョンセンらの提唱する臨床倫理の4分割表です。
今回の研修では具体的事例を用いながら、この臨床倫理の四分割表について学び、MRとして、チーム医療にどのように貢献できるか考えるきっかけとします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:9月17日

お申込みはこちら

2019年9月11日
継続教育9月号 『求められる薬剤師機能を踏まえたMR活動』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『求められる薬剤師機能を踏まえたMR活動』
MRが薬剤師にコンタクトをとるのはどのような時でしょうか。
調剤報酬改定により、薬剤師の患者と処方先への関わりはますます増えてきています。
健康サポート、高度薬学管理、24時間対応・在宅対応、医療機関との患者情報連携、後発品への切り替え…と枚挙にいとまがありません。
今後、MRは処方先医療機関に限らず、保険薬局薬剤師への活動を強化することで、薬剤の安全性・有効性を高め、患者への貢献に繋がると考え、当テーマを取り扱います。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:8月16日

お申込みはこちら
2019年9月2日
継続教育8月号 『保険調剤薬局市場変化を受けたMR活動』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『保険調剤薬局市場変化を受けたMR活動』

医療用医薬品の52.9%(2016年度)は保険調剤薬局で調剤されており、製薬会社の活動の重要性は高まっています。
当市場では、敷地内への進出に代表される大手調剤や、大手ドラッグストア(調剤部門)の急成長が注目されている
反面、M&Aが活発化し、今後は5万7千軒の保険調剤薬局が半減するとの見方がなされています。
保険調剤薬局へのMR活動を考える機会にします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:7月16日

お申込みはこちら
2019年7月12日
継続教育7月号 『消費税10%をどう捉えるか』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『消費税10%をどう捉えるか』

2019年10月に予定されている消費税増税。
まず消費税8%→10%となることで医薬品に与える影響について学び、それを受けて医療機関や医薬品卸、そして医薬品メーカーが、どのように対処し、どのような課題を抱えているかを理解します。
さらに、消費税増税について、医療関係者、MSの方々と話し合う基盤作りの契機とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:6月14日

お申込みはこちら

2019年6月14日
継続教育6月号 『話せますか? 医薬品副作用被害救済制度』発売のお知らせ
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
『話せますか? 医薬品副作用被害救済制度』

スモン事件を契機として、企業の社会的責任に基づいて被害者を救済する医薬品副作用被害救済制度が創設され、40年が経過します。
PMDAは毎年、この制度の認知度調査を行っている。
平成29年度の調査結果では、「知っている」と答えた医療関係者は、62.3%、一般国民に至っては10.3%であり、認知度が高いとは言えません。
また、2017年度の請求件数は1491件で前年度から352件減りました。
研修では、最新の認知度調査の結果を紹介し、救済制度の仕組み、救済給付の内容、被害救済の実績を確認し、自社医薬品に限らず医薬品による副作用被害に対する救済制度について、MRとして適切な情報提供をできるようになります。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:5月15日

お申込みはこちら

2019年6月14日
継続教育5月号 『話せますか?薬価制度抜本改革』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
  『話せますか?薬価制度抜本改革』

診療報酬・調剤報酬改定と同時に行われている薬価改定は、実質的には2019年から毎年改定されます。
「国民皆保険の持続性」と「イノベーションの推進」を両立し、「国民負担の軽減」と「医療の質の向上」を実現するために、国が進めている薬価制度の抜本改革について、まずその背景を取り上げ、次に各論として、新薬、長期収載医薬品、後発医薬品の薬価が今後どのように改定されていくのかついて理解し、MRとして薬価制度の抜本改革の狙いと自社医薬品の今後の薬価の動向について説明できるようにします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:4月15日

お申込みはこちら
2019年5月7日
継続教育4月号 ≪MR総論≫『フォーミュラリの現状と今後』・≪倫理≫『人生の最終段階における医療の決定プロセスガイドライン』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
  『フォーミュラリの現状と今後』
監修:元聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部長・日本医薬総合研究所 取締役 増原 慶壮先生
医療機関・地域毎に患者さまへ最も有用で経済的な医薬品の使用方針・医薬品リストを医師・薬剤師が策定するFormularyです。
その薬剤選択の結果が医薬品の採用・普及へ大きな影響を及ぼすと推測されます。
具体的な事例を提示しつつ、MRとして担当エリアにおける取組を考える機会を作ります。

サンプル動画はこちら


科目:MRの倫理
  『人生の最終段階における医療の決定プロセスガイドライン~患者の思いを尊重する~』
11年ぶりに改訂された人生の最終段階における医療の決定プロセスガイドライン、その中では、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の重要性を強調する方向性が示されています。
5年ごとに行われている「人生の最終段階における医療に関する意識調査」の結果を紹介するとともに、日本での認知度は低いですが、近年、諸外国で普及しつつあるACPについての理解を深めるとともに、MRとして、自身の、またご家族の人生の最終段階における医療の決定を考える機会とします。

サンプル動画はこちら


仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:3月15日

お申込みはこちら
2019年4月30日
継続教育3月号 ≪MR総論≫『2018年度診療報酬改定の影響度』・≪倫理≫『多死社会と看取り グリーフケア』発売中
科目:MR総論(法規・制度・PMS)
  『2018年度診療報酬改定の影響度』
2018年度の改定が病院に与えた影響についての最新状況を、病院経営定期調査の集計結果などをもとに解説します。

科目:MRの倫理
  『多死社会と看取り グリーフケア』
近年、在宅でお亡くなりになった患者のご遺族へのケア、いわゆる「グリーフケア」教育のニーズが高まっております。
多死社会における在宅での看取りの現状を知り、MRとしてグリーフケアについて考えていく機会としております。

仕様・価格
  仕様:オリジナルPPT(シナリオ付き)/動画コンテンツ(約20分:解説+司会進行))/スライド約20枚/テスト(Word)
  価格:20万(税別)
  発売日:2月25日

お申込みはこちら

2019年3月4日